札幌激安ツアーはどのようにして作られているのか

旅行会社が企画している札幌激安ツアーは、自分で航空券やホテルを手配する旅行と比べてかなり費用が安くなっています。同じ飛行機やホテルを自分で予約するのと比べて旅行会社を通してもそちらの方が安くなるというのは、一体どのような仕組みなのでしょうか。自分で航空券やホテルを手配する場合は、航空券とホテルの原価に対してそれぞれ航空会社とホテルの利益が上乗せされてしまいます。そのため、割高になってしまうのです。それに対して、旅行会社のツアーであれば、航空券とホテルの原価に利益を上乗せするだけで良くなるため、結果的に顧客が支払う利益分は少なくても成り立つという方式になります。激安だからといって、顧客にとっては何も不都合はないので、同じ旅行をするならこうしたツアーを利用するのも賢い方法です。

札幌激安ツアーの航空券の仕組み

飛行機で札幌入りをする場合、航空券が必要ですが、旅行会社はこれをまとめて航空会社から購入します。大手の旅行会社は団体割引が利くくらいの大口で購入して、自社で必要な分だけを取り、あとは中小の旅行会社に回すという方法を採ります。このような仕組みがあるため、大手の旅行会社の方が中小旅行会社に比べて航空券の価格を抑えることが可能です。旅行会社は格安航空券だけを売っていたのでは利益が少ないのではと思われますが、実際には販売した枚数に応じて、航空会社から割戻金が旅行会社に入ります。その割戻金の金額は大きいため、旅行会社としてもなるべく多くの航空券を売りたいと考える訳です。格安航空券は、旅行者にとってはマイナス面ではありません。むしろ、自分で手配するよりも安く購入できるメリットがあります。

札幌激安ツアーが安くできる理由

旅行会社が企画する札幌激安ツアーが何故成り立つのかと言えば、ツアーに必ず含まれているお土産屋さんへの立ち寄りがその理由です。現地のお土産屋さんは旅行会社にマージンを払っているのです。旅行客がお土産屋さんに立ち寄って買い物をすることで、旅行会社に支払ったマージンをお土産屋さんは取り返そうとしているのです。ツアーの日程を削ってでもお土産屋さんに寄らされるというのは、こういうからくりがある訳です。本来ならお土産屋さんに寄らずにもう一か所どこか観光をしたいと考えるのがお客の考え方ですが、それは仕組み的には許されないこととなっています。しかし、その点さえ我慢すれば、自分で旅行の手配をするわずらわしさがなかったり、荷物の心配をしたりする必要が無いなど、ツアーにも良い点はたくさんあります。